このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田駅前再開発の着工時期の変更について

更新日:2018年8月3日

酒田駅前再開発のスケジュール等の変更について(平成30年8月3日)NEW

(1)着工時期等のスケジュールについて
 最近の工事価格の上昇等により、事業内容の見直しが必要となったため、設計内容の仕上げ仕様や構造を修正することとしました。この設計の見直しには約2か月を要するため、今のところ工事着工は平成31年1月頃を見込んでいます。また、着工時期が遅れたため、建築工事の完成時期について、平成33年度末(平成34年3月)になることを想定しています。
 なお、再開発の整備区域内にある既存建物の解体工事は平成30年9月頃から着手する予定です。(ホテルイン酒田駅前等が営業している既存ビルは新施設完成後に解体工事を行います。)
 ・平成30年9月/既存建物の解体工事着工(ホテル等のビルは除く)
 ・平成31年1月/建築工事着工
 ・平成34年3月/建築工事完成
(2)事業費について
 平成28年4月の事業提案時は総事業費102億円でしたが、面積増加や工事価格の上昇等を考慮し、見直しにおいては総事業費108億円を目標額とし、また、ライブラリーセンター等の公共施設購入費を27億円から目標額29.7億円に増額することとしました。

事業費比較表
項目 A提案時 B目標額 C差額(B-A) D比較(B÷A)
総事業費 102.0 108.0 6.0 106%
公共施設購入額 27.0 29.7 2.7 110%

※単位は億円
※A提案時とは平成28年4月に西松建設株式会社から提出された提案書に記載された額
※公共施設購入額とは、酒田市が施行者から購入するライブラリーセンター、駐車場、バスベイ、広場等の購入価格のこと

駅前再開発面積比較表
項目 A提案時 B現在 C増加面積(BーA) D比較(B÷A)
総延べ床面積 22,252 24,024 1,772 108%

うちライブラリーセンター床面積

3,508 3,895 387 111%

※単位は平方メートル
※ライブラリーセンターの面積は、吹き抜け空間を含めた施工床換算面積
※ライブラリーセンターの面積増加は、これまでの市民との意見交換等を踏まえ、必要な用途であると考え増やしたものです。

着工時期の変更について(平成30年7月9日)

 これまで酒田駅前再開発については、7月に着工する予定で進めてきましたが、着工時期が遅れる見通しとなりました。今後の見通しについては、7月中に発表をいたします。
<着工が遅れている理由>
・実施設計の精査に時間を要している。
・試掘調査結果により建築設計の構造等に変更が生じている。
・補助金協議の調整期間の見直しを行った。

お問い合わせ

企画部 都市デザイン課 都市デザイン係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-6274 ファックス:0234-26-6482

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

酒田駅周辺整備

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る