このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田駅周辺整備事業における事業者募集について

更新日:2016年10月1日

1 目的

酒田駅周辺地区は、平成9年の大型商業店舗の撤退以降、酒田の玄関口にふさわしい風格と賑わいある都市空間の整備が期待されてきたものの、これまで民間開発が2度中止するなど、その期待に応えられていない状況となっています。
このため、市が、平成26年度に「酒田駅周辺地区グランドデザイン」を策定し、酒田駅周辺地区の課題、まちづくりの方針、求められる機能、将来像(機能配置)及び整備時期(短期整備事業及び中・長期整備事業)等の整理を行い、また、平成27年7月から同年9月まで、短期整備事業エリアの整備について、参加意欲のある民間事業者を対象に、対話型市場調査を実施し、実現可能な整備内容について意見交換をしてきたところです。また、対話型市場調査の結果については、市民説明会や市民アンケートを行い、市民ニーズの把握も行ってきました。
これらの結果を踏まえ、本市における行政課題、財政負担、市民の利便性向上、持続可能なまちづくりなど多方面から検討を行い、本事業区域における「整備計画方針」を策定しました。
本事業者募集では、整備計画方針に示す事業の方向性に沿った酒田駅前地区の早期の事業実現を目的として、事業の実施主体となる民間事業者を募集するものです。

2 募集期間

平成28年1月18日(月曜)から平成28年4月28日(木曜)まで

3 事業応募者の資格要件

単独の法人または法人グループ(詳細は募集要項をご覧ください。)

4 今後のスケジュール

平成28年2月8日(月曜) 参加意思表明書の提出期限
平成28年4月28日(木曜) 提案書の提出期限
平成28年6月13日(月曜)予定 公開プレゼンテーションの開催
平成28年6月下旬 事業予定者と次点者の決定

5 整備計画方針

昨年12月8日に整備計画方針(案)を公表し、市民意見等を踏まえ、以下のとおり整備計画方針を決定しました。
整備計画方針 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。酒田駅周辺整備事業における整備計画方針(PDF:1,268KB)

6 募集要項、審査基準等

募集にかかる詳細は、以下の資料をダウンロードし、ご覧ください。
01 募集要項 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。酒田駅周辺整備事業における事業者募集要項(PDF:2,131KB)
02 審査基準 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。酒田駅周辺整備事業における事業者募集審査基準(PDF:495KB)
03 様式集 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式集(様式AからE)(ワード:33KB)
04 様式集 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式集(様式F 質問書)(エクセル:31KB)
05 様式集 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式集(PDF:1,160KB)
平成28年1月29日追記
06 追加様式集 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式集(様式A-(1)から(3))(ワード:26KB)
07 追加様式集 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。様式集(様式D-(1)から(3))(ワード:29KB)

7 その他

参考 酒田駅周辺整備事業に関連する上位計画等(リンク集)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

企画部 都市デザイン課 都市デザイン係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-6274 ファックス:0234-26-6482

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

酒田駅周辺整備

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る