このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

移住者体験談 NO.2 松本友哉さん

更新日:2016年10月1日

2012年4月に出身の山口県から移住された松本友哉さん。
松本さんは山形県唯一の離島、飛島へ移住されました。

松本友哉さん写真1の画像

移住のきっかけ

大学時代にデザインを専攻しており、卒業後はどこかの地域に住みながら、その土地のデザインをしたいと考えていました。そのためには、地域に住むということを学ぶ必要があると思い、方法を模索していました。そんな中、東京都のNPO法人地球緑化センターが主催する「緑のふるさと協力隊」という制度を知り、飛島に来ることに。この制度は、全国の農山漁村に若者が派遣され、1年間滞在して地域の様々な体験をするものです。松本さんは、飛島を派遣地の第一希望として申請してくれました。
そして飛島で緑のふるさと協力隊員として活動をすることになります。活動期間の1年間が終われば、島から出て行くつもりでしたが、1年間はとても短く、もう少し住んでみようかなという気持ちになり、気付けば4年目の生活を開始されています。

移住する際、苦労したこと、心配事

考え始めると心配事は尽きないと思い、あまり想像しないように島に渡ったので、それほど衝撃的なことはなかったそうです。しかし、言葉がわからないことにはどうしようもなく困ったとか。本当にほとんどの言葉が理解できず、たくさんの人が話しかけてきてくれましたが、さっぱりコミュニケーションが取れなかったようです。とりあえず「イカ」や「ワカメ」など聞き取れる言葉があると復唱して乗り切っていたそうです。

飛島でのくらし

松本さんは現在、飛島のUIターンの若者たちで会社を経営しており、デザインを担当されています。飛島へ来た頃は、主に島民の方の手伝いをしていたようですが、今は独自の仕事が増えてきています。今でも手伝いを頼まれたり、行事の役目を担ったりという地域との関わりはとても多いです。島民の方からたくさんご馳走を頂くので、どんどんからだが成長しています(笑)、と話していました。

飛島とは

美しい風景に囲まれて、美味しい食べ物と美味しいお酒を味わえるのは最高。飛島はとにかくすべてが濃厚です。人柄、風景、食べ物、歴史文化、自然など何もないように見えて、実は濃厚な体験が待っています。
飛島に来ると誰の人生も面白くなります。ぜひ遊びに来て下さい。

松本友哉さん写真3の画像

お問い合わせ

企画振興部 政策推進課 移住相談総合窓口
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5768 ファックス:0234-26-3688

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

Loading

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る