このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田いかまつりin吉祥寺を開催します

更新日:2019年11月29日

12月1日(日曜)酒田いかまつりin吉祥寺を開催します。

日時

令和元年12月1日(日曜)
午前10時より午後4時まで

会場

東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目8-16
コピス吉祥寺A館1階「ふれあいデッキこもれび」

内容

酒田市と友好都市である武蔵野市の市民の皆さん、吉祥寺を訪れる方々との交流を目的として開催します。
酒田特産のスルメイカを使用した塩辛、沖漬け、一夜干しをはじめ、酒田自慢の地酒を販売するコーナーもございます。
ご来場の方には先着で、酒田産つや姫(2合)または、いかの肝醤油(5g×3パック)などのプレゼントをご用意しています(数に限りがございます)。また、酒田船凍いかで作ったいかリングフライの試食やお子様向けのいか釣りゲームなど盛りだくさんの内容です。皆様、ぜひ会場に足をお運びください。
詳しくは、添付のチラシをダウンロードしてご確認ください。

酒田港は全国でも有数のスルメイカの水揚港!

山形県の日本海側に位置する酒田市は、全国でも有数のスルメイカの産地です。酒田港には年間を通して約130種類もの魚介類が水揚げされますが、全体の約8割がスルメイカであり重要な水産物となっています。
酒田港に水揚げされるスルメイカの多くは、釣り上げて直ぐに船上で急速冷凍する「船凍(せんとう)いか」です。船凍いかは、とても鮮度が高いため、お刺身や塩辛はもちろん、天ぷら、から揚げ、いか焼き、煮物などあらゆる料理でおいしくいただくことができます。

いか釣り船団出航式を開催し、いか釣り船団を応援しています!

毎年6月、日本海でいか釣り漁業に出航する13隻の中型いか釣り船団を応援するため、「いか釣り船団出航式」を盛大に開催しています。6月から翌年1月末までの長く厳しい漁に向かう船団の安全と大漁を祈願し、乗組員の家族や関係者、大勢の市民に見送られながら出航します。
酒田市では、船団を支援するため、ガバメントクラウドファンディングにも取り組んでいます。

外部リンク:ふるさとチョイス(ガバメントクラウドファンディング)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

農林水産部 農林水産課 水産振興係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5753 ファックス:0234-26-6483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

水産資源の確保とブランド化

  • 酒田いかまつりin吉祥寺を開催します

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る