このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

創業者体験談 NO.1 『F企画』 藤井康博さん

更新日:2017年7月7日

酒田市では、平成26年に酒田市創業支援センターを開設し、市内での創業促進に力を入れています。
同センターを利用し、これまでに創業を実現された方の体験談を掲載します。

お話を伺った方:藤井康博さん

事業所概要
企業・屋号名 F企画
事業所所在 酒田市浜田、下安町
操業(オープン) 平成27年1月
事業内容 中古家具・照明のインターネット販売

(1)創業を思い立ったきっかけや、創業を決意した決め手を教えてください。

20年前に勤めた東京の中古家具店において、仕入れ、修理、販売、配達の全てに関わっていたことから、自店舗の運営を決意しました。
いつかは地元には帰りたいと思っており、事業を行う場所さえあれば自宅の車庫でも開業は可能と考え、Uターンのタイミングで独立しました。

(2)仕事の内容や1日の動きなどを教えてください。

中古家具や照明のインターネット販売を行っており、私は家具の大掛かりな修理や仕入れを主に担当しています。
仕入れのため、あちこちを飛び回っていることに加え、イレギュラーなことが多い仕事なので不規則な日々を送っています。
最近、従業員を1名雇用したので、クリーニングや写真撮影、インターネットへのアップロードなどを担当してもらっています。


家具を分解してのメンテナンス

(3)創業までに苦労した点や失敗した点などはありますか?

開業にあたっては独学の部分も多かったですが、特に苦労したという実感はありません。
働きながら、休日は開業準備に明け暮れていた2年間ですら良い思い出です。
一度、実店舗出店のお話がありましたが、タイミングが合わず実現できなかったことが悔やまれます。

(4)酒田市創業支援センターではどのような支援を受けられましたか?

創業相談に伺ったタイミングが良かったようで、酒田商工会議所の創業セミナーや創業塾へのお誘いをいただきました。
セミナー等で学んだことはもちろんですが、そこで知り合った人達のその後の活躍が大きな活力となっています。
また、スタジオ兼倉庫を新しく借りる際、創業支援コーディネーターさんから物件の空き状況を情報提供いただきました。

(5)創業してよかった点や今後の抱負などをお聞かせください。

自営業者の視点で、街や人との関わり方を常に考えるようになりました。
今後は少しずつ規模を大きくしていき、アンティーク家具の輸入なども手がけてみたいです。
まちづくりや雇用の面で、少しでも地域に貢献できればと考えています。

お問い合わせ

酒田市創業支援センター
〒998-0044 酒田市中町二丁目5-10 酒田産業会館内
電話:0234-43-6556 ファックス:0234-25-6371

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

Loading

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る