このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

羽州庄内松山城 薪能(6月)

更新日:2019年6月7日

武家が育て、町方が受け継ぎ、新しい様式を創り出し、観世流を源に抱きながら、この地で繰り返し演じられてきました。
300年の遥かな時がかもしだす幽玄の舞「松山能」。
初夏の夕闇の中に、かがり火が焚かれ、松山城大手門を背景にして能舞台が照らし出されます。
朱々と燃える炎は、演者の面や衣装に色濃い陰影を与え、舞台の静謐さをいっそう増し、その奥深く微妙な味わいは、まさに幽玄美の世界です。

日時

6月第2土曜日

呈茶

午後3時30分から

狂言

午後6時

午後6時30分から

会場

松山歴史公園内特設舞台(雨天時:松山農村環境改善センター)
※詳細はチラシをご覧ください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

松山総合支所 建設産業課 産業係
〒999-6861 酒田市字山田27-4
電話:0234-62-2611 ファックス:0234-62-2618

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る