このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

松山能

更新日:2018年10月14日

羽州庄内松山城薪能、松山能、まつやま大寒能

松山能(羽州庄内松山城薪能、松山能、まつやま大寒能)

松山能は、松山藩主酒井忠恒(ただつね)の時代で寛文の頃(1660から)、江戸勤番の松山藩士が能楽を修得したことに始まった。明治維新後、武家から町方に伝わり演能団体「松諷社(しょうふうしゃ)」によって受け継がれ、昭和55年に県の無形民族文化財に指定された。
定期的な演能としては、1月下旬に能関係者の追悼供養として小雪が舞う静寂の中上演される「まつやま大寒能」、昭和57年の歴史公園の竣工を記念し城門の前で上演される「羽州庄内松山城薪能」、松山藩創立期の祈願所だった皇大神社例祭の夜に上演奉納される「松山能」と、年3回行われます。

羽州庄内松山城薪能、松山能、まつやま大寒能
期間
  • まつやま大寒能:1月第4土曜日
  • 松山城薪能:6月第2土曜日
  • 皇大神社奉納「松山能」:8月20日
会場
  • まつやま大寒能:松山城址館(平成30年度)
  • 松山城薪能:松山歴史公園(特設会場)
  • 皇大神社奉納「松山能」:蔵小路皇大神(能楽堂)
料金
  • まつやま大寒能・松山城薪能:入場券が必要です。
  • 皇大神社奉納「松山能」:無料
交通アクセス 山形自動車道酒田インターチェンジから約20分
JR余目駅から車で約10分
駐車場 普通車70台 (松山伝承館駐車場、里仁館駐車場使用時)
備考
  • 薪能:雨天時は、松山城址館で実施。
  • 松山能:雨天決行

お問い合わせ

松山総合支所 建設産業課 産業係
〒999-6861 酒田市字山田27-4
電話:0234-62-2611 ファックス:0234-62-2618

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る