このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田DAY~イカすぜ!酒田「イカまつり」~を開催します

更新日:2018年7月27日

「いかのまち酒田」を目指して

酒田DAY~イカすぜ!酒田「イカまつり」中止のお知らせ

明日7月28日(土曜)午前10時から東京都武蔵野市「コピス吉祥寺」で予定していた「酒田DAY~イカすぜ!酒田『イカまつり』」ですが、関東地方へ接近・上陸する可能性があり、大雨と強風が予想され、来場者に危険が生じる恐れがあることから、開催の中止を決定しました。
「イカまつり」を楽しみにしていただいた皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。

酒田港の船凍(せんとう)いか

酒田港に水揚げされる山形県の重要水産物である「スルメイカ」は、酒田港の水揚量の8割を占めています。中でも、中型いか釣り船の「船凍いか」は、県内では唯一酒田港に水揚げされます。

船凍いかは、いかを水揚げした後すぐに船内の冷凍機で急速冷凍したものです。いかが新鮮なうちに凍結するため、いかの身も肝もそのままの美味しさが保たれています。

酒田港から出航するいか釣り船団の漁労長には、酒田市の離島・飛島出身の方も多くいます。

酒田DAY~イカすぜ!酒田「イカまつり」~を吉祥寺で開催します!

スルメイカは、これまで加工用や飲食店向けの商用販売が大部分でしたが、鮮度が高く刺身用として最適な船凍いかをすぐに食べられる状態で家庭向けに販売し、その新鮮なおいしさと「いかのまち酒田」をPRするために、友好都市である武蔵野市で物産販売等を実施します。

鮮度抜群の船凍いかやその加工品のふるまい、国際的なワイン品評会インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の「SAKE部門」でトロフィーを受賞した地酒の試飲・販売等に併せて、夏の味覚が勢ぞろいします。皆さまぜひご来場ください。

日時

平成30年7月28日(土曜)午前10時から午後4時

会場

コピス吉祥寺A館1階「ふれあいデッキこもれび」
(東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目8-16)

内容

ふるまいコーナー(船凍いかのいか焼き・ボイルいか・塩辛等)
試食・販売コーナー(船棟いか・いか塩辛・IWC「SAKE部門」トロフィー受賞酒等)
模擬いか釣りゲームコーナー(参加者には景品あり)
庄内の食文化PRコーナー(庄内地方のいか料理の紹介・レシピ配布)

会場は、コピス吉祥寺A館1階(南側)通り沿いの屋外イベントスペースです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

地域創生部 交流観光課 交流事業係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5809 ファックス:0234-22-3910

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る