このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田港の機能強化について(上屋・荷役機械)

更新日:2016年10月1日

3台目のリーチスタッカーが整備されました。

平成27年11月20日、酒田港の高砂埠頭国際ターミナルに新たに3台目のリーチスタッカーが導入されました。
これにより、更なる荷役作業の効率化が図られ、物流機能が一段と強化されました。
今後もより安定した荷役体制を整え、酒田港をご利用の皆様の利便性向上につながるよう取り組んでまいります。

3台目のリーチスタッカーの画像
(左端が3台目に導入されたリーチスタッカーです)

2台目のリーチスタッカーが整備されました。

酒田港では、より一層の利便性向上を図るため、港湾施設の整備が進められています。
平成26年12月24日に、山形県が新規にリーチスタッカーを導入し、荷役作業の効率化が図られています。
リーチスタッカーが2台体制となり、今後増加が見込まれるコンテナ貨物に対応いたします。

リーチスタッカー2台体制の画像
(右が2台目に導入されたリーチスタッカーです)

酒田港に新しく上屋と荷役機械が整備されました。

酒田港では、より一層の利便性向上を図るため、港湾施設の整備が進められています。
平成25年4月1日からは、山形県が整備した港湾の荷さばき用倉庫の「古湊ふ頭上屋」とコンテナ荷役機械である「リーチスタッカー」の運用が開始され、酒田港の利用が更に便利になりました。

お問い合わせ

地域創生部 商工港湾課 港湾振興係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5758 ファックス:0234-22-3910

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る