このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

自動車臨時運行許可申請(仮ナンバー)

更新日:2019年5月1日

臨時運行許可制度とは

未登録の自動車や自動車検査証の有効期限の過ぎた自動車を新規登録や新規検査、継続検査のため運輸支局等へ回送する場合などに、あらかじめ運行の期間、目的、経路などを特定したうえで特例的に番号標(仮ナンバープレート)を貸し出しし、運行を許可する制度です。

許可できる車両

  • 自動車登録ファイルに登録をする必要のある自動車
  • 国土交通大臣の行う検査を受ける必要のある自動車
    普通自動車
    検査対象軽自動車
    小型自動車(250cc超のバイク含む)
    大型特殊自動車

許可できる目的

  • 車検 継続検査、新規登録等
  • 回送 車検を受けることを前提とした整備、修理のため。販売先が特定されている売買のため
  • 試運転 自動車の整備、修理を行ったときにその性能を試すため

※自動車を単に移動させるための回送や試乗のための試運転は、許可対象ではありません。

申請手続きに必要なもの

  • 自動車臨時運行許可申請書(ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。申請書(PDF:97KB)
  • 車検証(抹消登録証明書、製造証明書など車台番号を確認できる資料)
  • 自動車損害賠償責任保険証書の原本(コピー及び領収書は不可。仮ナンバー使用期間中に有効なものに限る)
  • 印鑑(申請書に押印するため。個人申請の場合は個人印を、法人申請の場合は代表者印と代理人の印鑑をお持ちください)
  • 手数料 1件につき750円

※初めて個人申請をする方は、運転免許証をお持ちください。

申請に当たっての注意事項

  • 申請日 運行日の当日、または前日(ただし、休日をはさむ場合は休日直前の開庁日)
  • 申請者 臨時運行の許可を受けて自動車を運行しようとする者。車の所有者ではありません
  • 運行期間 必要最小限の日数であるため、原則1日

1目的1運行です。臨時運行の目的、経路、期間が明確に決まってからご申請ください。
詐欺その他不正な手段により臨時運行を行った場合、1年以下の懲役又は50万以下の罰金に処せられることがあります(道路運送車両法第107条)。

返却

有効期間満了日からすみやかに(遅くとも5日以内に)、申請したときと同じ窓口に臨時運行許可番号標(仮ナンバー)と許可証を返却してください。
※期日までに返却されない場合、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられることがあります(道路運送車両法第35条第6項、同第108条)。

受付窓口

酒田市役所市民課、または各総合支所地域振興課
午前8時30分から午後5時15分まで(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民部 市民課 住民係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5723 ファックス:0234-22-6466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る