このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

1 地縁による団体

更新日:2016年10月1日

地縁による団体ってなに

「地縁による団体」とは、文字どおり「土地の縁によって結ばれた団体」のことを意味し、地方自治法第260条の2第1項において、「町又は字の区域その他市町村内の一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体」と定義されており、「その場所に住所を持っていること」だけが入会の条件となります。
地方自治法第260条の2により、地縁による団体には法人格が与えられますが、そのためには酒田市長(その団体を包括する市町村長)の認可が必要で、酒田市長が認可を行った場合にはその旨が告示され、第三者に対しても法人格を得たことを対抗できるようになります。
自治会や町内会のように、その地域に住む人であれば誰でも自由に入・退会できる団体は原則として「地縁による団体」になることが出来ますが、認可の目的が「法人格を得ることにより、不動産等を団体名義で保有し登記できるようにすること」であるため、認可を受ける団体が現に不動産又は不動産に関する権利等を保有しているか、保有予定があることが前提になります。
地域の青年団や婦人会のように、その地域に住む人たちの団体であっても「年齢や性別の条件が必要な団体」は地縁による団体にはなれませんし、スポーツ少年団や伝統芸能保存会のような「活動の目的が限定される団体」も該当しません。

お問い合わせ

市民部 まちづくり推進課 地域づくり係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5725 ファックス:0234-26-4911

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る