このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

武田/モデルナ社製ワクチンについて

更新日:2022年1月19日

3回目の追加接種では、国・県からこれまでのファイザー社製ワクチンに加えて武田/モデルナ社製ワクチンを配分する方針が示されていることから、本市の個別・集団接種でも、ファイザー、モデルナ双方のワクチンを使用します。

武田/モデルナ社製ワクチンの安全性、副反応、効果

安全性

武田/モデルナ社製ワクチンは、国の薬事承認を受けた新型コロナワクチンです。

副反応

武田/モデルナ社製ワクチンの接種によって発現する症状と発現割合は、これまで本市で多く接種されてきたファイザー社製ワクチンとほぼ同じであるとされています。武田/モデルナ社製ワクチンについては、3回目の接種量が1回目・2回目の半量であることもあり、2回目接種時よりも発熱や疲労などの症状が少ないことが報告されています。

効果

双方のワクチンともに、3回目の追加接種を受けた場合の方が感染予防効果、重症化予防効果ともに高くなるとされています。

ファイザー社製ワクチンとの交差接種について

安全性

1回目・2回目と3回目の接種で異なるワクチンを接種(交差接種)した場合の安全性については、国によって許容できる範囲であるとされています。

効果

交差接種をした場合の効果については、1回目・2回目にファイザーを接種し、3回目にファイザー、モデルナどちらを接種したとしても、体内の抗体価は十分上昇するとされています。

10代~20代男性の心筋炎・心膜炎について

武田/モデルナ社製ワクチンを接種した10代~20代の男性に、心筋炎・心膜炎の症状が発現する場合があるという報告があります。100万回に数回~十数回と非常にまれなケースですが、当該年齢の男性でファイザー社ワクチンの接種を希望する場合は市コールセンター(TEL0120-362-350)に相談してください。

以上の通り、諸外国の研究や国の報告において、武田/モデルナ社製ワクチンの安全性や効果が示されています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康課 新型コロナワクチン接種対策室
〒998-0036 酒田市船場町二丁目1-30
電話:0234-24-5733 ファックス:0234-24-5778

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る