このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここから
本文ここから

【若い世代の皆さまへ】3回目接種をご検討ください

更新日:2022年6月24日

感染予防効果や重症化予防効果を高めることができます

オミクロン株は従来株より重症化率は低いものの、感染力は強いため、感染拡大による重症例の増加が懸念されています。若い人であっても、新型コロナに感染した後、重症化することや、長引く症状(いわゆる後遺症)が生じることがあります。
一方、3回目接種により、時間の経過に伴い低下した感染予防効果や重症化予防効果等を高める効果があることが、臨床試験や疫学研究等で報告されています。

3回目接種後の副反応

  • 12~17歳の方に対する安全性については、米国では3回目の接種後7日以内の副反応は、2回目の接種後と同様の症状が、同じ程度かやや高い頻度で現れると報告されています(ファイザー社ワクチンを使用)。
  • 18歳以上の方に対する安全性については、ファイザー社およびモデルナ社の薬事承認において、3回目の接種後7日以内の副反応は、1・2回目の接種後のものと比べると、どちらのワクチンにおいても、一部の症状の出現率に差があるものの、おおむね1・2回目と同様の症状が見られました。
  • 交互接種(1・2回目接種とは異なるワクチンを使用)した場合でも十分な効果と安全性が確認されています。ご自身のためにも、早く接種できるワクチンから受けることをお勧めします。

接種が受けられる期間

接種を行う期間は令和4年9月30日までの予定です。接種を検討している方は早めにお受けください。

3回目接種のお知らせ(高校生・大学生などの皆様へ)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康課 新型コロナワクチン接種対策室
〒998-0036 酒田市船場町二丁目1-30
電話:0234-24-5733 ファックス:0234-24-5778

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから

新型コロナウイルスワクチン接種関連

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る