このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

酒田市の交流都市

更新日:2017年6月5日

国外の交流都市

姉妹都市デラウェア市(アメリカ合衆国オハイオ州)

平成29年4月14日から20日の日程で、リグル市長を団長とするデラウェア市使節団6名が、姉妹都市盟約締結調印のため本市を訪れました。
訪問日程中、市内の観光地や企業、学校等を視察した後、4月19日に両市長による調印が行われ、本市とデラウェア市は正式に姉妹都市となりました。
今後、様々な分野で協力しながら、両市の発展のための相互交流を推進していきます。

デラウェア市との姉妹都市関係構築に向けた合意について

本市とデラウェア市は、平成8年度から中学生海外派遣事業「はばたき」により、本市中学生が同市デンプシー中学校を訪問し、約20年に渡る交流を積み重ねてきました。更に友好関係を深めるため、平成27年10月31日から11月5日まで本市使節団が同市を訪問し、この際に、両市の都市間交流の進展を図ることを目的に、姉妹都市締結について合意を得ることができました。これを記念し、カエデの植樹を行いました。

期待される今後の交流

この合意を踏まえ、今後は、「はばたき」の他に、同市と幅広い分野での相互交流ができるように検討を進めていきます。英語圏の都市との交流を通して、本市の子どもたちの英語に対する興味関心を高めていきます。また、教育、文化などの交流を進め、その活動を通して国際性豊かな人材育成を図ります。更に、両市の産業振興につながるような経済交流に発展させるような取組を検討していきます。

デラウェア市ってどんなところ?

同市は、オハイオ州の州都であるコロンバス大都市圏の中にある人口38,000人の都市です。創設は1808年で、古き良きアメリカの趣と洗練された都会的な雰囲気を併せ持った街です。歴史的な町並みが残る市街地の周りには、美しく整備された住宅地が立ち並び、その周辺には、トウモロコシや大豆を栽培する農地や牧草地などの自然が広がっています。同市はオハイオ州で急速に経済が発展している都市で、人口も2000年から50%急増しています。また、市全体の36%が18歳未満の子どものいる世帯で、家族で暮らすのに住みやい街といわれています。

デラウェア市街並み写真

交流の礎となった「はばたき」の歩み

同市にあるオハイオウエズリアン大学教授デコーカー氏の協力により、平成9年3月、第1回の「はばたき」が実現し、それ以降交流が続いています。これまで373人の中学生が同市を訪問し、ホームステイをしながら現地の学校への体験入学を行っています。この交流をきっかけに、平成24年5月には、ウエズリアン大学の教員と日本語を学ぶ学生が本市を訪れ、松原小学校の児童や東北公益文科大学の学生と交流しました。平成26年6月には、同市デンプシー中学校の生徒と教師が本市を訪れ、ホームステイと市内中学校4校で体験入学しました。

姉妹都市ジェレズノゴルスク・イリムスキー市(ロシア連邦イルクーツク州)

ジェレズノゴルスク・イリムスキー市(以下ジェレズノ市)は、バイカル湖の北西に位置し、人口は約26,000人。主要産業は鉱業と木材産業で、鉱業生産高はシベリアでもトップクラス。昭和54年10月に姉妹都市の調印。以来、相互に訪問し、青少年・スポーツ・文化・経済と多くの分野で交流を重ねています。

ジェレズノ市使節団が酒田市の保育園を訪問

酒田市使節団がジェレズノ市の幼児学校を訪問

これまでの交流の記録は以下のファイルをご覧ください。

近年の交流については以下のページをご覧ください。

ジェレズノ市のマーカーリスト

友好都市唐山市(中華人民共和国河北省)

唐山市は、北京の東154kmに位置し、人口730万人の重工業都市。石炭・鉄鋼・原油の地下資源に恵まれ、陶器・塩・電力・セメントの生産が盛ん。穀物・果実・水産物も豊富で、特に栗は有名。酒田大火があった昭和51年7月、唐山市は大地震に見舞われ約24万人が死傷。災害から復興した都市として平成2年7月に友好都市の調印。以来、相互に訪問し、経済・教育・文化・農業・スポーツと幅広い分野で交流を重ねています。

2012年8月酒田市・唐山市合同チームで北京で開催された「日中友好交流都市中学生卓球交歓大会」に参加

これまでの交流の記録は以下のファイルをご覧ください。

近年の交流については以下のページをご覧ください。

アメリカ合衆国マサチューセッツ州ハーウィッチ ライトハウスチャータースクール

平成7年に当時の松山中学校とマサチューセッツ州のケープコッド・ライトハウスチャータースクールと交流が始まりました。以来、両校は姉妹校の締結を経ながら、隔年で派遣・受入を繰り返してきました。
平成26年度に東部中学校に統合後も継続し、1週間のホームステイを通じてお互いの国・地域の文化を体験し、交流を深めています。
近年の交流については以下のページをご覧ください。

国内の交流都市

東京都北区

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都北区(外部サイト)とは、北区中里(駒込駅)に庄内出身の学生が寄宿する学生寮「荘内館」(現やまがた育英会学生寮・駒込学生会館)があった縁で、地元住民と本市出身の人々との交流が続けられてきました。平成4年に本市が「区民まつり」に参加したことから交流が盛んとなり、平成7年に災害援助協定、平成9年に友好都市交流協定を締結。これまで区民まつりや酒田まつりへの相互参加を始め、小学生の農業体験、家庭婦人バレーボール交流、防災訓練の相互参加等、幅広い分野で市民レベルの交流が続いています。また、首都圏在住の本市出身者らで組織される故郷会「ふれあい酒田」の総会も、毎年北区で開催されています。

2012年8月さかた・きたくふれあい農業体験 北区桐ケ丘郷小学校と広野小学校児童ら

これまでの交流の記録は以下のファイルをご覧ください。

近年の交流については以下のページをご覧ください。

東京都武蔵野市

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都武蔵野市(外部サイト)との交流は、昭和63年11月、武蔵野市消防団が酒田大火後の復興視察のため本市を訪れたことがきっかけとなり始まりました。平成元年に全国発となる友好消防団の盟約、平成6年に武蔵野市交流市町村協議会に加盟、平成7年に災害援助協定を締結。これまで、防災訓練への相互参加をはじめ、武蔵野市立小学校のセカンドスクール、むさしの青空市への参加等、幅広い交流が行われてきました。吉祥寺にあるアンテナショップ外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「麦わら帽子」(外部サイト)では、本市の特産品が販売されています。

2011年7月第21回武蔵野市交流市町村協議会首長・議長サミット

これまでの交流の記録は以下のファイルをご覧ください。

近年の交流については以下のページをご覧ください。

沖縄県東村

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。沖縄県東村(外部サイト)は、沖縄本島の北東に位置し、人口1,800余人の村で、山原の自然などで知られる村です。3月につつじ祭が開かれ、プロゴルファー宮里藍ら宮里兄弟の出身地でもあります。
東村とは、平成5年11月、東京女子大名誉教授・伊藤善市さんの引き合わせで、平成7年2月から小学6年生の相互交流(夏に旧八幡町児童が東村を訪問、冬に東村児童が八幡地区を訪問)を実施するようになり、それが10年を迎えたことから、八幡町の町政施行50周年(平成16年10月)を機会に友好町村協定を締結しました。民間交流団を中心としたグループとして、八幡町に「つつじ美人クラブ」、東村には「鳥海倶楽部」が結成されています。

鹿児島県志布志市(旧鹿児島県松山町)

平成18年1月1日、志布志町、松山町、有明町の3町が合併して外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。志布志市(外部サイト)が誕生しました。志布志市は、鹿児島県の東部、宮崎県との県境にあり、南東部は志布志湾に面しています。同じ「松山町」という町名が縁になり、平成6年8月、旧松山町児童11人が志布志市(旧松山町地区)を訪問したことから交流が始まり、平成7年に山形県松山町・鹿児島県松山町が友好町の盟約を締結しました。以後、夏の鹿児島南国体験、冬の山形スキー体験等、毎年児童・生徒の相互交流を行い、交流を深めています。

近年の交流については以下のページをご覧ください。
鹿児島県志布志市との交流

宮城県大崎市(旧宮城県松山町)

平成18年3月31日、古川市・松山町・三本木町・鹿島台町・岩出山町・鳴子町・田尻町の1市6町が合併し、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。大崎市(外部サイト)が誕生しました。大崎市は宮城県の北西部に位置し、江合川と鳴瀬川の豊かな流れが、広大で肥沃な平野「大崎耕土」を潤し、「ササニシキ」「ひとめぼれ」に代表される良質米の一大穀倉地帯を形成しています。同じ「松山町」という町名が縁になり、昭和57年7月、宮城県松山町・山形県松山町友好町の盟約締結、同年10月、宮城県から40人が来町し、友好盟約記念祝賀会を開催しました。昭和58年4月、両松山中学校親善野球大会が開催され、以後スポーツ団体を中心に、スポーツやレクレーションを通じて、相互の交流と親睦を深めています。

岐阜県海津市(旧岐阜県平田町)

同じ名称の縁から交流を始めた山形県と岐阜県の平田町。昭和62年、町議員が岐阜県平田町を訪問したのをきっかけに親善を深め、平成7年11月2日友好町盟約を締結しました。以来、平田っ子交流では、小学生同士がお互いのまちを訪問してまちの魅力を体験しあい、また物産交流でもそれぞれのまちを訪問して特産品や名物の紹介をしあうなど、一層友好の絆を固め、教育、文化、産業各分野における交流を緊密にしています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民部 まちづくり推進課 市民交流推進室
〒998-0044 酒田市中町三丁目4-5 交流ひろば内
電話:0234-26-5612 ファックス:0234-26-5617

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

Loading

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る