このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

庄内文化賞・阿部次郎文化賞

更新日:2018年10月19日

庄内文化賞について

庄内文化賞は、庄内地方に居住し、学術、美術、音楽、演劇、舞踊等の活動において、優れた成果をあげた個人または団体を顕彰するもので、庄内地方の文化・芸術の振興に寄与することを目的としております。
酒田市教育委員会が昭和54年に制定して以来、平成30年度までに14団体と26人の方々が受賞されております。

第40回庄内文化賞受賞者(平成30年度)

氏名

黒森歌舞伎妻堂連中(酒田市黒森)

功績内容

黒森歌舞伎は、黒森地区において、江戸時代中期の享保年間から伝承されてきたといわれ、280年以上もの歴史を誇る農民歌舞伎です。妻堂連中と呼ばれる一座を中心として、連綿と受け継がれてきたもので、様々な形で地区住民の生活に溶け込んでいます。
全国各地で公演も行っており、多くの受賞歴と共に、県の無形民俗文化財の指定を受けています。黒森歌舞伎は、本市が誇るべき伝統芸能、文化遺産であり、妻堂連中は、伝統文化の継承と発展について大きく貢献されました。

阿部次郎文化賞について

阿部次郎文化賞は、本市出身の哲学者・阿部次郎先生に関する研究のほか、哲学、美学などの研究に実績が顕著な個人または団体を顕彰するものです。
昭和59年に旧松山町が制定、平成17年の合併後は酒田市が引き継ぎ、平成30年度までに4団体と22人の方々が受賞されております。

第35回阿部次郎文化賞受賞者(平成30年度)

氏名

田中 章夫 氏 (酒田市若宮町)

功績内容

戦後全国初の私設美術館として昭和22年に開館した公益財団法人本間美術館に、昭和49に学芸員として着任、平成19年には館長に就任されました。
古美術から現代美術まで幅広い種類がある、多くの貴重な収蔵品を管理・展示する知識は確かで、そうした美術を展示等により地域に還元することで、地域貢献にも寄与しています。
これまで40年以上の長きにわたり、美術を中心に文化芸術に携わり、その造詣の深さとともに、文化芸術全般に係る識見も高く、本市の文化芸術振興に尽力した功績は、顕著なものがあります。

お問い合わせ

教育委員会 社会教育文化課 文化芸術係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-24-2982 ファックス:0234-23-2257

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る