このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

黒森歌舞伎

更新日:2016年10月1日

山形県指定民俗文化財 黒森歌舞伎

江戸時代中期の享保年間から酒田市の黒森日枝神社に奉納されたといわれる農民歌舞伎で、280年以上もの間、伝承されてきました。
雪の中で観ることから「雪中芝居」「寒中芝居」ともいわれ、出し物の多いこと、スケールの大きいことは全国屈指。厳寒の社殿で、毎年旧正月にあたる2月に奉納されています。
本狂言の前には、黒森小学校児童による少年太鼓が上演されます。

平成31年の演目は「ひらかな盛衰記」に決まりました。

平成30年の上演はすべて終了しました。ご声援ありがとうございました。

正月公演
期日 平成30年2月15日(木曜)、17日(土曜)
会場 黒森日枝神社境内(酒田市黒森村中47)
演目
  • 午前10時から 少年太鼓、神事、神楽、三番叟
  • 正午から 少年歌舞伎「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」稲瀬川勢揃いの場(いなせがわせいぞろいのば)
  • 午後1時から 本狂言「高田馬場十八番切(たかだのばばじゅうはちばんぎり)」(午後4時頃終了予定)安之助母おてる敵討の場(やすのすけははおてるあだうちのば)、松平右京屋敷兜割の場(まつだいらうきょうかぶとわりのば)、八丁目長屋の場・高田馬場(はっちょうめながやのば・たかだのばば)

主人公の堀部安兵衛は、赤穂浪士四十七士の一人、武芸に優れ、なかなかの文化人であったとされる。この演目は、堀部安兵衛の敵討を題材としています
黒森歌舞伎では平成13年以来17年ぶりの上演となります。

入場料 無料
その他 客席は屋外です。防寒着の着用など防寒対策を万全の上、ご覧ください。
駐車場もあります。誘導員の指示に従ってください。
特製弁当(1日30食限定、900円)・ます席(1ます4人分1万円。1日8ます限定。)の予約は黒森コミュニティセンター(電話:0234-92-2255)へ
酒田公演(屋内です)
期日 平成30年3月4日(日曜)
会場 酒田市民会館「希望ホール」(電話:0234-26-5450)
演目
  • 正午から 少年太鼓
  • 午後0時30分から 少年歌舞伎「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」稲瀬川勢揃いの場(いなせがわせいぞろいのば)
  • 午後1時30分から 本狂言「高田馬場十八番切(たかだのばばじゅうはちばんぎり)」安之助母おてる敵討の場(やすのすけははおてるあだうちのば)、松平右京屋敷兜割の場(まつだいらうきょうかぶとわりのば)、八丁目長屋の場・高田馬場(はっちょうめながやのば・たかだのばば)
入場料
  • 前売券500円
  • 当日券700円

※全席自由です。
※前売券は、2月1日から下記の市内公共施設等で取り扱います。
なお、遠方の方で前売券のお求めが困難な場合はご相談ください。
前売券取扱施設
酒田市総合文化センター事務室、酒田市役所地下売店、酒田市民会館「希望ホール」事務室、八幡タウンセンター、酒田市ひらたタウンセンター、松山総合支所、黒森コミュニティセンター

正月公演・演舞場への交通案内

JR利用

羽越本線「酒田駅」から外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。庄内交通バス(外部サイト)湯野浜行きで「中黒森」下車(駅から約37分)。
※運行ダイヤの曜日、時間にご注意ください。
駅からタクシー利用の場合、約20分(路面状況により変わります)

高速道路利用

日本海東北自動車道「庄内空港IC」出口を左折、次の信号左折して直進(ICから約5分)
無料駐車場有り。ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。庄内空港インターチェンジからの経路の詳細(PDF:63KB)

航空機利用

庄内空港からタクシーで約5分。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育委員会 社会教育文化課 文化財係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-24-2994 ファックス:0234-23-2257

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る